セローのスターターリレー購入

DSCN1824.JPG

今週の土日も梅雨の影響で天気がいまいち
先週ようやく県をまたぐ移動自粛解除が政府から出たのを受けて、ツーリングの本格的な準備に取りかかりました

セローは昨年バッテリー交換はしたので始動に問題は無いのですが、最近エンジンを掛けようとしてセルスイッチを押しても反応しない事が
ままあります
何回か押してるうちに「カチ、カチ、キュルル」みたいな
バッテリーが弱っている時はバッテリーか~と思っていましたが、昨年末に新品に交換した後も同じ現象が出ます

以前からセローのスターターリレーは弱いとの噂はありましたが、そもそも私のセローは2008年型ですから製造から既に12年も経って
いますから、電気部品の経年劣化もそれなりに進んでいるのかなと

4YR-81940-02.JPG

なので、完全に固着する前に予防交換してしまえと、ヤマハの部品検索サイトで調べて純正品を手配しました
品番は 4YR-84940-02 価格は定価で税込み5,643円です
すぐMonotaROで購入しました(笑) ←在庫あると翌日来るので早いんです



DSCN1826.JPG

中身はこんな感じ
結構重量があって小さい部品なのにずっしり重いです


DSCN1825.JPG

緑色のものはヒューズが刺さっています
端子の形がプラスとマイナスを間違え無い様に異形となってますね

さていつ交換しようかしらん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

maki
2020年06月28日 21:26
なるほどねぇ(^^;)
不具合の切り分けってなかなか難しいです。
セルモーターの可能性もあればバッテリーも。
リレーはなかなか思いつかないかも?
まぁリレーの仕組みを思えばいかに弱電流で作動させても大電流が流れる場所あるから経年劣化は必定ってわけですね。
場所はバッテリーの脇辺り?でしょうか。
おざさん
2020年06月29日 00:54
makiさん>

実はセローだけでなく、一般的なエンジンでもスターターリレーのトラブルって多いみたいです
スターター自体が駄目な場合もまれにありますけど、大抵はピニオンかリングギアかピニオンの飛び込み機構が駄目になるかしか無いかなと

とりあえず完璧って訳ではありませんけど、これでカチカチで止まる現象が無くなれば良いなと