Tour Cross-3にデルタダクト5を装着

画像

頭頂部の水抜きダクトに付けるエア抜き用のデルタダクトですが、ツアークロス3にも付けてみました
ツアークロス2では、夏場に高速とか走ると凍頂部が涼しい感じはあったので、それなりに効果はあると思われます

ツアークロス2に付けた時の記事 → ツアークロスⅡにデルタダクト装着

画像

名称はデルタダクト5となっています
色はヘルメットと同じグラスホワイト
価格も7年前と同じ800円でした(企業努力してますね)

画像

頭頂部のドレンキャップを裏側からドライバーで突っついて取り外します

画像

付属のテンプレートをドレンキャップで固定したら鉛筆でガイド線を書きます(説明書通り)

画像

意外とテンプレート使ってガイド線を付けてもぴったりはしないので、ダクトのスイッチを押した時にドレンがきちんと閉まるかを確認しながら両面テープの保護紙を剥がしてからヘルメットに押しつけます

画像

前から見るとこんな感じ
ヘルメットの上が賑やかになりますが、夏場は少しでもヘルメット内の換気をしたいですからね

雨の時には水が入って来そうに見えますが一応蓋は閉まるので意外と大丈夫なんです

年の瀬にヘルメットを新調出来たので気持ち良く新年が迎えられそうです

この記事へのコメント

maki
2017年12月29日 17:41
ほう!
こんな便利ものがあったんですね。
確かに頭頂部に風が入ってくると涼しさが違いますからね。
でも、オプションでなくて標準装備ならなおありがたいのに。
2017年12月30日 00:05
makiさん>
アライさん的には頭頂部のドレンも本当は付けたく無かったらしくて、転倒時のショックを和らげるために、なるべく丸い方が良いらしいです
なのでオプション扱いなのかなと

頭頂部のエア抜きは夏場は必須です(笑)
ラオ
2017年12月30日 23:17
これは良いですね。こんなオプションあったんですね~。
夏場は少し快適さが増しそうで、見た目もちょっとかっこ良いです。
来年ポチッとします。
色が数種類あるみたいですね。
迷うな。(笑)
来年もまた宜しくお願いしますね。
おざさん、良いお年をお迎えください。
2017年12月30日 23:38
ラオさん>
そうなんです
最近のヘルメットはかなりエアの抜けが良くなっていますけど、夏場はやはり暑いですからね~
シルバーに黒や他の色でアクセント付けるなんてのも良いかも知れません

ラオさんも良いお年をお迎えくださいね

この記事へのトラックバック