9月1日付でセローが生産終了

画像

ヤマハが9月1日付で、現行9車種の生産終了を発表しました

SR400
セロー250
ドラッグスター400
ドラッグスタークラシック400
トリッカー
マグザム
VOX デラックス
アクシス トリート
BW'S

ヤマハのラインナップに生産終了の文字が → ヤマハラインナップ一覧


YAHOOニュースでも紹介されています → Yahooニュースサイト

Yahooニュースでは

「2015年7月に公布・施行された「バイクの排出ガス規制」強化により、国内メーカーの車、バイクのラインアップが大きく変化していた。
9月1日からは「平成28年排出ガス規制」対応適応となり、同日までに適応できない現行バイクは販売できなくなり、各社のモデルは岐路に立たされていた。」

と報じられています
セローは一旦ここで終了してユーロ4対応のセローが翌月発表とかするんですかね?

平成28年排気ガス規制では一酸化炭素と窒素酸化物の排出量が現行の半分になるのと、燃料蒸発ガスの規制、車載式故障診断装置(OBDシステム)の搭載義務化、さらにABSの義務化などなど盛りだくさんです(笑)

当然システム的にコストアップしてしまうものばかりなので、新型が仮に出ても現行車輌価格より値上げされるのは必至ですね

現行セローも2008年型でキャブからインジェクション化されて排ガス規制を乗り切った経緯がありますので、個人的には期待しているんですけどね

新型出るのかな~


この記事へのコメント

maki
2017年09月04日 16:42
現行車はスタイルも良いし性能もまぁ納得できるし、価格もリーズナブル。
新型車がいつ出るか分からないけど、現行車の良いところを踏襲してバージョンアップして欲しいですね。
私も期待しています〰🎵
いつ出るか楽しみです❤
2017年09月04日 21:04
makiさん>
ず~とコンスタントに売れてる機種だから絶滅はしないと思いますけど、どう変わるかが楽しみです
最近のトレンドだとクイックシフトとかオプション搭載したりして(笑)
2017年09月06日 21:19
ヤフーニュースで見た時は衝撃的でした。
SRとセロー。ともにヤマハの代名詞の車種ですから。おそらく何らかの形で復活するのでしょうね。
でないとプレミアは必至でしょう。
2017年09月06日 21:24
塞翁さん>
SRもセローも共に空冷エンジンですので、ユーロ4対応化は簡単ではないと思います
ただ、ヤマハの象徴みたいなマシンなので、ここで絶滅するとは思えませんがヤマハも企業である以上コストとの兼ね合いはあるでしょうから難しいところですよね

この記事へのトラックバック