セローついに生産終了 SEROW FINAL EDITIONが発売

とうとうセロー250の生産が終了する様です
ヤマハのHPでセロー2020年モデルというかFINAL EDITIONという名称で告知が載りました

finaledition.JPG

発売は2020年1月15日よりとなっていますが、「なお、国内向けの「SEROW250」は、当モデルをもって生産を終了します。」とはっきり記載がありますので、これで本当に最後になるようです

ABSの義務化とか排ガス三次規制とかいろいろ規制が厳しくなっているのでセローとしては最後の様です
ううむ、買い換えしようかしらん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

maki
2019年12月12日 09:35
販売終了時期が明記されていないですが・・
ユーロ5の継続生産車に対する排ガス規制を始めとする諸々の機能追加等が2021年から適用されるようなので来年一年間の販売で完全に終了するような感じですね。

まぁ私の場合は2017年モデルに乗ってるので多分壊れる前に自分がバイクを降りるようになるやもしれず・・(笑)
今から思うと去年買い替えするときオレンジにしとけばよかったと‥(*´з`)
おざさん
2019年12月14日 09:18
makiさん>
ABS義務化が継続生産の場合2021年10月1日まで
排ガス規制については新型車は平成30年10月1日以降、継続生産車は平成33年10月1日以降となります
なので、実質的には2021年10月1日までなのなのかな~と

ファイナルエディションのカラーリングは悪くないですけど2018年型の方が好みです
わたしもオレンジいいな~と思っていたのでセロー買い換えしようかゆっくり考えます