仕事で上海に行って来ました

画像

今週の木曜日から2泊3日で中国の上海へ行ってきました
中国へ行くのは仕事でもプライベートでも初めてで、出張の話は以前からあったんですけどニュースで見る中国の大気汚染が嫌で絶対行かないって断っていたんですけどね~

今回はどうしても緊急の用件で行くはめになってしまいました

画像

23日の木曜日は台風20号が近づいていましたけど、東京は良い天気でしたね
今回は急に決まった関係で日系の航空会社は時期的に満席で取れませんでした
なので仕方無く中国東方航空で予約してもらいました

上海って空港が東京みたいに2つあって、虹橋(ホンチャオ)と浦東(プードン)
インターネットなんかを見ると内陸にある虹橋が羽田で海沿いにある浦東が成田的な感じと書いてありました
もともとは虹橋が軍用の空港から民間転用したみたいで古いのは虹橋空港、浦東は1999に出来たみたいです
今回、行きも帰りも羽田にしたかった関係で行きは虹橋で帰りが浦東というチケットになりました

画像

羽田に駐機している中国東方航空の飛行機です
機体はエアバスのA320ですね
羽田~上海虹橋までは約3時間、上海浦東~羽田は2.5時間ですから台湾に行くのと同じくらいですかね
シンガポールの半分以下の時間で行けるので楽といえば楽ですね

ちなみに中国東方航空はスカイグループなので日本航空と同じグループです
なのでマイレージはJALのカードで貯められます
個人的には昔からANAがメインなのでJALか~みたいところはあります

画像

上海虹橋空港に到着した時の写真です
空港のボーディングゲートを修理?していたのか、工事中の建物が多くてバスで空港の建物まで行きました

画像

画像

ホテルから見た町並みです
空がなんとなくガスってるのはスモッグ?
画像

今回宿泊したホテルの場所は虹橋空港の第1ターミナルから地下鉄10号線で3つめの水城路駅
料金は人民元で3元なので、日本円で50円程度
羽田で換金したときは19円でしたけど市中レートは17円前後でしたから高くても60円ですかね
料金の目安は一駅1元というところでしょうか

チケット買おうとしたら自動販売機は50元札までしか対応してなかったので、コンビニ行って100元札だして買い物したら女の子がもう少し小さい金額は無いのか的な事を言ってた様な気がします(笑)

チケットは紙製のカードで乗る時はかざして改札を抜けて、降りる時は回収するシステムでシンガポールと良く似ていました
シンガポールでは回収しないで使い回しが出来る様ですが、中国の地下鉄も残金があれば回収しないでかざして降りられるみたい

さて今回宿泊したホテルです
グランドミレニアム上海虹橋(Grand Millennium Shanghai HongQiao)
グレード的には結構いいホテルみたいです
外観写真は撮るのを忘れたのでHPから取りました(笑)
画像

画像

画像

画像

画像

画像

ホテルの予約は現地にあるドイツの会社の人にしてもらったのですが、宿泊費は結構お高めでした

初日は行くだけの予定だったのですが、急遽ディナーしようと現地に来ていたドイツ人から連絡が来てホテル内の日本食レストランでディナーとなりました
画像

日本人の調理人が作っているとの事でしたが、刺身を食べるのがあまり気が進まなかったんですけど、食べてみてびっくり
日本のその辺のお店よりぜんぜんおいしい(笑)
特にハマチは生臭の臭いが強いのでおいしいと思ったのは数回しか無いんですけど、ここのハマチはレベルがかなり高かったです
当然他の魚も超生きが良くて、上海恐るべしです

このホテルだけでなく市内の比較的大きなレストランでも食事をしましたが、どこもおいしかったです
ローカルな食堂には行って無いので庶民的なお店はどうかわかりませんが、少なくとも機内食よりよっぽどおいしかったですね(笑)

画像

水城路駅すぐ前にあるお店?
全体的に中国のネオンは派手ですね

2日目は地下鉄10号線で取引先の現地事務所がある虹橋路駅まで3駅移動して徒歩で向かいました
上海の中心部に近いのか、まわりの建物も綺麗なビルばかりで(写真撮るの忘れた)
特に気になったのはマクドナルドとスターバックスがやたらあちこちにあること
私たちが行った虹橋路駅の周りだけでスタバが3件ありましたよ

駅の上に作られた商業ビル的なところでしたが、セキュリティもしっかりしているし豪華だし、上海なかなか進んでるなと思いました
ちなみにビルのエレベーターは三菱製でした

今回、結構難しい内容の交渉だったんですけど、なんとか課題をすべてクリア出来ました
早めに終わったので、一度ホテルに戻ってから再度地下鉄で今度は紫藤路というところに移動して現地の会社のスタッフとディーナー
凄い大きな商業施設があっていろいろなレストランが入っている場所へ
当初行く予定の韓国料理店がお休みだったので急遽オープンエアの中華?のお店へ
画像

屋根だけ写真撮りました↑

味はそこそこおいしかったんですけど、最後に会計する際にカードが銀聯カードしか使えないと言われてさあ大変(笑)
キャッシュで770元ほどでしたので、みんなの手持ちのキャッシュを掻き集めてなんとか支払いは完了
日本円で13,000円(6人分)くらいですから1人2,000円強ですからリーズナブルですね

まあ、最悪の誰か残してホテルに換金しに戻ればいいかなんて思ってましたけど、結構大きなレストランでもVISAやMASTERカードが使えないとは聞いていましたが本当だったんですね(笑)

そのあとホテルに戻ってからバーで全員で2次会(どんだけ飲むんだ?)
ちなみに私は下戸なのでお茶かジュースばかりですからお腹がいっぱいです

3日目は帰るだけなのですが、空港がホテルから近い虹橋ではなく遠い浦東なので地下鉄で行く予定が朝から雨が降ってます
そしたら歩くの嫌だという人がいて(笑) 急遽タクシーで行くことに
今回帰りに中国のリニアモーターカーに乗りたいと思っていたので、リニアの駅まで行くことに
そしたらホテルのボーイさんから空港まで行ったほうが楽だし早いよって言われました

磁浮列車に乗りたい(中国ではリニアとは言いません)と言ったら、ああトライするのねって言われました
現地でもリニアはトライなのか~と一同受けましたね(良く故障するらしいので)

ということでホテルからタクシーで始発駅のある龍陽路駅まで行きました
世界初のリニアモーターカーとの事で2004年から走っているんですね
龍陽路~浦東国際空港間の30キロをたったの8分で走ります
最高速は431キロとの事で日本のリニアが500キロですから若干少なめ?
まあその分安全マージンを取っているんでしょうね

料金は大人が50元、VIP席(グリーン)が100元ですが航空券を見せると20%ほど割引きしてくれます
Eチケットでも見せたら割引きしてくれました
どうせ乗るならVIP乗ろうよという話になり、リッチにVIP席を購入
80元ですから1400円くらい?
8分間しか乗りませんから高いかな~(笑)

画像

画像

画像

画像

画像

画像

乗った感じですが、最初は凄くスムーズに走りだしましたけど、300キロ超えたあたりから意外と揺れます
431キロに達するのは丁度真ん中くらいですかね
最高速出した時間はほんの数秒だけですぐに減速に入りました
たぶん最高速はショー的な意味合いもあるんでしょうね

ただ、故障が多いといいながらも既に15年近く運用している実績はかないませんよね
ある程度の性能があればいいや的な割り切りは欧米に近いのかなと思います
日本人は完璧主義なので、確かに性能はいいんですけど価格もそれなりに高い、要はオーバースペックなんですそれでいままで海外メーカーと競合すると負けてる場合が多いんですよね
そこは考え方の違いなので難しいところですけど、日本も商売面では合理的な判断をする事も必要かなと思います

画像

VIPチケット
これ色が違うのか駅員さんの扱いが全然違います
乗ろうとしたらドアが閉まってしまったんですけど、ホームの係員が走って来てこっちこっちと言ってドアを無理矢理開けて乗せてくれました
磁浮列車はそこそこ混んでいましたけどVIP席は我々だけでしたので優越感半端なかったのですが、たったの8分間で終わってしまうのが・・・

画像

ちなみに列車の写真を撮影してて気が付いたのですが、フロントガラス割れてますね~(笑)
この列車そのまま折り返し運転してましたから取り替える気が無い?
日本だとちょっと考えられないですね

そりゃ~400キロで走ってたら鳥がぶつかっただけでも相当なショックですからガラスも割れますよね
でも割れたガラスのままで運行するって日本ではあり得ないよね~と一同で感心してました
さすが中国です
割れても大丈夫という安心感が売り?(爆)

さてこのあと浦東空港で祝杯
画像

わたしは飲まないのにウイスキーが・・・
しかもこれジョニーウォーカーですよ
いくらすべて解決したからってね~ 昼間っからまったく(笑)

このあと無事に羽田に到着したんですけど、なんとインドネシアで開催されていたアジアカップで前人未踏の6冠を達成した池江璃花子選手達の全日本メンバーと一緒になったんですよね
と言っても私は荷物が出て来るのが遅くて残念ながら出口で一緒にならず
先に行った同僚達が丁度出くわしたとの事でした (T-T) 残念!

池江選手凄いですよね~
背が高くて可愛かったとの事でした(実物見たかった~)

画像

私は車で行っていたので羽田の駐車場から見る国際空港です
やはり日本の空はクリアで綺麗でした

中国は正直あまり好きな国ではありませんでしたが、実際に中国に行って現地の人達とも話したりしたら随分印象が変わりました
まあ見たのが一番発展著しいと言われている上海だけなので、他の中国を知りませんが、私が接した中国の人達は皆さん親切でした

上海は特区という事もありインターネットも比較的自由に使えたり(google使えました)とアジアの中心は今までシンガポールでしたけど、これからは上海が中心になるような予感を感じました

この記事へのコメント

maki
2018年08月28日 07:59
外国には縁のない仕事してますが、中国に何度か行ってるブログの知り合いがレポした記事や写真につい最近驚愕しました。
中国の都市部の状況が日本国内で見る状況とあまりにも違う事に…

依然として地方との格差は凄まじいものがありますが、それでも中国の凄さにはどうにも…
意思決定が速いことがかの国の原動力なんでしょうか⁉
2018年08月28日 20:47
makiさん>
正直実際に行って見るまでは中国馬鹿にしてました
上海は特区ということで他の地域と比べると自由に外国人が活動出来るらしいのですが、街の様子はシンガポールみたいに綺麗で地下鉄もきちんと時間に来るし、何より人が多い
中国恐るべしというのを肌で感じました

この記事へのトラックバック