ラズパイ(Raspberry Pi 3 Model B)を貰らいました

最近巷で流行ってる? SBC(シングルボードコンピューター)なるものを知り合いに貰いました

もともとイギリスで教育用として作られたらしいのですが、いろいろ出来るので昨年あたりから、ちょっとしたホビー用途として流行っています
価格もリーズナブルな割にはそこそこの事が出来るので、何台も組合せたりして使ってる人が多い様です

で、SBCでも一番人気のRaspberry Pi(ラズベリーパイ)です
ラズパイなんて呼ばれ方してるみたいですが、名前は聞いていましたが貰って初めて見ました
画像

左はケースとACアダプタのセット、右がラズベリーパイ本体です

画像

画像

ラズベリーパイ本体です
USB端子が4つとHDMI端子が1つ、それにLANと電源用のUSB-B端子が1つ、記憶媒体としてはMicroSDのスロットが付いてます
ちなみにヒートシンクはケースセットに同梱されていたものを既に付けています
標準だと何もついていません

画像

ボードだけなので、電源とケースが必要です
なのでさっそく、Amazonケースを注文しました
ケースとクーリングファン、ヒートシンク、ACアダプタがセットになっているものを買いました

このケースかなり構造が変わっていて、アクリル板を積層する構造になってます
画像

途中までインストールした状態だとこんな感じ
見た目もかなりユニークですね

画像

画像

画像

画像

画像

完成形はこんな感じ
大きさはたばこの箱くらいしかありません

すでにラズパイは、Model B+というのが出ていて、頂いたModel Bは旧タイプですね
B+はCPUのクロックアップと有線LANがギガ対応化されたらしいです
で、知り合いはB+を新たに購入したので、私に使ってみればとModel Bをくれたという訳です
3千円ちょいくらいで買えるので、コンピュータというよりおもちゃ感覚ですね

それにしても一応、それなりの機能を持ったコンピューターが3千円で買えちゃうんですから凄い時代です

さて、これからOSをダウンロードしてインストールしなければなりませんが、何を使おうか・・・
一応LinuxベースのRaspbianというのが定番の様ですが、Windows10 IoT Core もインストール可能らしい
ラズビアンてネーミングはかなり微妙なところ責めてますね・・・(*´艸`)

まあ

早めの夏休みの工作ってところでしょうか
オーディオプレイヤーとして使ってる人も多いみたいですね
ハイレゾ再生するとそこそこ音がいいらしい

外が激暑なのでインドアで遊んでます(笑)


追記:

Raspbianをネットでダウンロードして、イメージファイルからSDカードに書き込んでOSインストールしました
下の画面は起動からUpdateが終わるまでです
これ、インターネットのブラウザも付いてるし、メールも見られるし、オープンOfficeやプログラム言語まで付いてます
本体+ケースで5000円くらいですから、コスパ高すぎ君ですね(笑)

画像

画像
画像

画像

この記事へのコメント

maki
2018年08月05日 20:15
子供の夏休みの自由研究がこれだったりして・・
時代は変わるもんですねぇ!
20年近く前、先輩にpc作れって言われて見様見真似で作った記憶がよみがえります。
ちなみにまだ自作pc2台使ってますよ。(;´・ω・)
2018年08月05日 22:31
makiさん>
実際、小学校でラズパイを使わせているところもあるようです
OSもオープンソースでプログラミング言語まで付いてますから昨今のプログラム教育には持って来いなのかなと

わたしも現在使っているPCは自作です
すでに5年目なのでそろそろ次期モデルを模索中なんですが、特に不満が無いので遅々として進まず
姪から早くお下がりちょーだいと言われてます(笑)
ラオ
2018年08月07日 11:28
面白いものがありますね。
+はLANのギガ化ってことですけど、USBの仕様はそのままなんでしょうかね。
HDMIminiからの出力も解像度高そうでビックリです。
最近はスマホメインで自宅では殆どPCを使わなくなってしまってるので、この手の物で遊ぶのも面白そうですね。
2018年08月08日 00:30
ラオさん>
所詮ホビーなんて思っていたら、なんとま~って感じです
CPUの性能は最新スマホに比べるべくもありませんが、それでも付属ソフトが普通に使えるます
価格がケース込みでも5K以下って事を考えるとかなり使えます

何よりロボットやLEDの制御とかそっち系で本格的に使えるのが凄いな~と感心してます

この記事へのトラックバック